FC2ブログ

セマナ・サンタ 2010 聖金曜日のプロセシオン

2010年04月03日
054_20100403120124.jpg
今日、4月2日(金)は
Semana Santa
Viernes Santo


カトリックの聖週間 聖金曜日、
イエスが十字架に掛けられた日。
(セマナ・サンタについては、
 AB-ROADのこちらの記事
 をご覧下さい♪)



今回も、またまた齧り付きの位置で撮影♪
私、こういうの得意なんですよ(笑)





だんなが企業で働いていた時は、ペルー中が連休になるセマナサンタは「旅行週間」だったけど、
自由業になってからは、「ペルーを知る週間」になっている。
国民の9割近くがカトリックと言われるペルー。
首都リマではここ数年カトリック信者の数が減っているらしいけれど、それでも多くの人が信仰している。
彼らの生活の中に深く根付いているカトリックについて知ることは、
ここペルーでの暮らしを、更に面白いものにしてくれるのは間違いない。



ってことで、今年はずっとテレビを見ている。
イエスの一生を伝えるドラマが数日に渡って放映されてるし、子供向けにはアニメもあるし、
カテドラルでのミサはぶっ続けで放送されてるし、聖地エルサレムの様子も伝えてる。
これだけイエス尽くしだと、「さすが国教だなー」と感心せざるを得ない。



この時期教会に行くと、十字架に掛けられ血みどろになったイエスの像に向かって
「Dios mio」「Mi Señor」と涙を浮かべる人もたくさん。
今日も私のすぐ真後ろにいた女性が、Señor de Los Milagrosの像(というか壁画だが)を見て、
おんおん泣いちゃってもう大変。
頼むから、人の真後ろで泣くのはやめて…(苦笑)



齧り付き席にいたら、「すみません、弟だけでも入れてください」
10代半ばくらいの少年が割り込んできた。
弟くんは、10歳くらいかな。手にSeñor de Los Milagrosの絵を持っている。
「どうぞ、どうぞ。でも写真撮りたいから押さないでね。」というところから会話が始まり、
彼のお婆ちゃんが日本人だってことがわかった。
彼が唯一知ってる日本語は「Obaa(おばぁ/お婆ちゃん)」、沖縄の人だな(笑)。



毎年必ずこの聖行列を見に来るという彼は、
いつかCargador(神輿を担ぐ人)の一員になりたいんだとか。
そして「セニョールはこのルートを通るんだよ」「神輿は2トンもあるんだ」
あれこれ説明してくれた。ありがとね。



こういう熱心な信者に会うと困るのが、この質問。
「君もカトリック?」
いえ… 一応仏教徒です。しかも神様仏様は信じているけど、その神様は誰でもよかったりする
すみませんね。



077.jpg
夕日が大統領宮殿をサーモンピンク色に染める。

教会から運び出されたセニョールの神輿は、
教会の前を通って、ここの信号でUターン。




078.jpg
こんな幼いうちから、信仰って育まれるのね。




089_20100403133908.jpg
お香の煙で、神輿の周囲がぼやけて見える。

5時の鐘と共に始まったプロセシオン、
ちょうど教会の正面に来たのが1時間後。
これから4時間も掛けてゆっくりゆっくりと、
ラス・ナサレナス教会に戻って行く。




093.jpg
6時半ごろ、街灯が灯る。
何度も何度も休みながら、
ゆっくりと運ばれるセニョールの神輿。



103_20100403133907.jpg
セニョール・デ・ロス・ミラグロスの神輿に見とれていたら、
もう違う神輿がアルマス広場に運ばれていた。

こちらはNuestra Señra de los Dolores




114_20100403133907.jpg
Cristo del Santo Entierro




123.jpg
こちらもCristo del Santo Entierro
(でもIglesia de la Soledadのもの)




130_20100403134956.jpg
Nuestra Señora de la Soledad








夜7時過ぎ、広場にはまだたくさんの人がいた。
プロセシオンが完全に終わるのは… 10時くらい?
さすがにそこまでは居れなかったけど、
とってもいい夜を過ごせました♪





web拍手 by FC2
スポンサーサイト



 | HOME |