信用できないamigoとfamilia

2010年05月24日
うちのアパートの会議があった。
我がアパートは4階2棟建て8家族が住んでいる。全員Propietario、家主だ。



アパートの管理運営は、長らく管理人を務めてくれていたカルメラに一任されていた。
私は彼女が好きだし、彼女のやり方に文句もないし、できればそのまま続けて欲しかった。
でも他の階に住むシルビアは、カルメラと日頃から仲が悪く、
彼女のやり方が気に入らないためいちいち揉める。
カルメラもシルビアが嫌いだから、「この女にだけは管理人を任せたくない!」と我を張る。



最初の会議は去年11月ごろ、新しい管理人選出をする予定だったが
カルメラとシルビアがくだらないことでぎゃーぎゃー揉めて、結局選出できなかった。



12月~3月までは、ペルーは夏、バカシオネス
こうなると週末は必ずどこかの家族が留守になっちゃうので、会議ができない。
なのでずっと延期されていた。



4月に2回目を行ったが、これまたぎゃーぎゃー揉めて決まらず。
というのも、シルビアともう1人(シルビアと仲のいいセニョーラ)の2家族が
ずっと管理費を滞納していたから。



これにはみんな怒っていた。
どんなに個人的な理由があろうとも、管理費はみんなのために使うものだ。
滞納なんて認められない。だったら共用で使ってる水道も使うなー!
ってみんながギャースカ怒って文句言った。
シルビアの答えは「でもカルメラのやり方が気に入らないのよ。だから払いたくない」と。
いや、全然道理が通じてませんけど。
こういうことを、本人の前でも言えるところが、ペルー人って強い。



この会議の前、カルメラは「打倒!シルビア!」って感じで事前工作を行っていた。
私や他の人にも「彼女は頭がおかしいのよ。だから私に協力してね」って言っていた。
だから前回はみんなが一致団結して、シルビアともう1人に対して文句をいい、
なんとか管理費を納めさせることができた。



でも、もうみんなコリゴリだったみたい(苦笑)
今回3回目の会議があったが、出席率ワル~!
確かにくだらない個人的な揉め事に巻き込まれたくないけど、
それでも次の管理人を決めなきゃいけないんだし、出ろよ、お前。特にガストン!!



そして今回はシルビアが別の人と協力体制を組んでいたようで、
結局シルビアの思い通りにことが進んでいった。
あ~あ、いいのかな~。ま、でもとりあえず任せるしかないね。



結局次の管理人はシルビアに決定した。
カルメラは最後には本当に落胆していて、見ていて気の毒なくらいだった。
彼女はすごくいい人だけど、ちょっと頑固なんだ。
シルビアのことを「バカで教養のない女」と思ってる。だからもう同じ場所にいるのも嫌らしい。
最後のセリフなんて、こんなのよ。



「これで管理人としての勤めを終わるので、最後に一言言わせて。
シルビア、この1週間ほど、あなたのバカでセンスのない音楽のボリュームを落としてくれてありがとう。
そして夜中11時12時に『カタカタカタ…』とミシンを踏み続け、ずっと私をイライラさせてきたけど
それも少しマシだったから嬉しかったわ。

あなたの出す騒音は、1階の私の家に一番響くの。
だから、あなたが1日8回も犬の散歩に出るたびにビヒランテ(門番)と大声で話すのも控えてね。
寝室にいるとバカ話が全部聞こえるのよ。」




とかなんとか。
そりゃシルビアも怒った、怒った!
心臓の悪いカルメラが死んじゃうんじゃないかと思ったよ。
でもその前に、他人を巻き込むのは止めてくれ~!!



そして。言うだけ言って最後に笑って挨拶できるところがペルー



「私たちは家族みたいなもんなんだし、仲良くしましょうね♪」
「そうそう、私たち8家族は、本当にファミリアみたいなものよ♪」




とか言って握手したりハグしたり。
カルメラとシルビアも、最後はちゃんとほっぺにチュッしてお別れしてた。
ひゃ~! すご~い! こわ~い!



「俺たちはアミーゴだよな」って言って人を騙したりたかったりする奴はいるけど、
「私たちはファミリアよね」って言って悪口言いまくるってのあるのね。
ペルー人が気軽に言うこの2つの単語、ちょっと信用できないよなって思うのであります(苦笑)





web拍手 by FC2
スポンサーサイト

流されて・・・

2010年01月08日
本日の教訓 : 「流れをつかめ」
          


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ペルーで暮らしていると、物事が進むのが遅いというか、
どんどん後ろにずれるというか、知らないうちに変わってるというかなんというか、
とにかく物事が当初の予定通り進まない。



日本人が予定を立てる時は、その予定が予定通りに進むようにスケジュールし、また逆算し、
予測される障害を事前に取り除く。
1時に出かけると決めたら、その前にやりたいこと、やらねばならないことを即座に判断する。



「今から洗濯したら何分掛かる。干す時間がないから止めておこう」とか
「たぶん帰るのが遅くなる。今のうちにお米を洗っておこう」とか
「AとBの両方をしたいけど時間がない。Aは明日でもいいけど、Bは今日終えなきゃ」とか。



ペルー人の場合はどうだろう。
同じく1時に出かけると決めてみた。しかし、



「明らかに干す時間がないのに洗濯機を回してしまい、1時を過ぎてしまった」とか
「明日でもいいAから先に初めてしまって、今日中にしなければならなかったBができなかった」とか。



こんな感じではないだろうか。



どうやら(多くの)ペルー人には物事の優先順位をつける習慣がないらしい
周りがそういうことをしないから、自分もやり方がわからない。
例え自分がちゃんとやっても周りがやらないから、結局自分の予定も遅れる。
周りに流され、自分も流れ流し、それでもなんとなく最後にはなんとかなる、それがペルーなんだなーと。



この年末年始、そういう大きな流れを目の当たりにして色々考えた訳ですよ。
この流れに逆らうなんて、とても無理。
でもこの流れをうまく利用することはできるかもしれない。



流れに逆らわず、でも好きな方向に流れることができたら素敵。
波に乗って、そのスピードを追い越すことができたらもっと素敵。
疲れたら流れちゃえ。一緒に流れても、誰も怒らないんだから。



そんなことを思った2010年のお正月でした。





web拍手 by FC2

適当の積み重ね

2009年12月13日
本日の教訓 : 「ペルー時間に慣れましょう。」
          


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(多くの)ペルー人は、時間にルーズだ。
約束した時間に来ないのは当たり前。
15分遅れはデフォルト、30分は許容範囲、1時間もありえる、来ないってのもあり。
だからこちらも臨機応変に対応するしかない。



先日、バスに乗っていた時のこと。
後部座席のおっちゃんが、おーきな声で携帯電話でしゃべっていた。



(お)「いやー、もうすぐだから、そう、もうすぐ着くよ。」
何の話かわからないけど、とにかく言い訳してるようだ。

(お)「今、バスの中だ。今は… そう、リンセ(区)だよ、リンセ。」
えっ?もうリンセは通り過ぎたんですけど?

最初、このおっちゃんはあんまり土地勘がないのかもと思った。
ここはリンセの隣の区だから、多少違っても誤差の範囲かな、なんて思ったり。
じゃあきっと彼の目的地はこの先なのね。早く到着するといいね。



なーんて親切に思ったりした訳よ。



しばらくすると、またあのおっちゃんの携帯が鳴った。



(お)「いやー、もうすぐだよ。今、そっちに向かっているから。」
あれ?また違う相手?

(お)「今、バスの中だ。今は… そう、スルコ(地区)だよ、スルコにいるんだ。」

え、おっちゃん! スルコ区はもう思いっきり反対、全然違う方向だよー!



要はこのおっちゃん、色んな人と約束してるのにどれも守っていないのだ。
適当に考えて、適当に約束して、適当に行動を起こすもんだから、結局全然間に合わない。
電話でやいのやいのと言われてから、適当に優先順位をつけてそこへ向かう。
また違う人から文句を言われ、また適当に嘘をついてその場を誤魔化す。



思わずぷっと笑ってしまった私。
そしたら隣の人もくすって笑ってた。
バスの中には、このおっちゃんの声が響いていたから、
ほとんどの人が「そりゃ違うだろう」と思っていたに違いない。
そこを突っ込まないのがペルーの流儀。 
みな、生温かく見守っているんだね。



教訓というより悟りって感じだけど、
これに慣れなきゃ ペルーではやっていけないってお話でした。





web拍手 by FC2

どれか一つだけでも。

2009年11月05日
本日の教訓 : 「言ってること、書いてること、やってることは、すべて違うと思うべし。」
          


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

旅行のために、ホテルを予約した。

ホテルのWEBサイトの入力画面は記述が多くて面倒くさいし、
空室があるかどうか、先に知りたい。

サイトを見ながら電話したら、ホルヘというお兄ちゃんが対応してくれた。

(私)「○月○日、ダブルの部屋、空いてる?」
(ホ)「空いてるよー。80ソルだよ。」
(私)「えっ?あんたのWEBサイトには、70ソルって書いてるよ?」
(ホ)「あ、じゃあそれででいいよ。」



なんでやねん。まったく。



ちなみにペルーで3つ星以上のホテルを予約する時は、
WEBサイトから直接予約してもいいけど、
旅行代理店にも見積もりをもらうべし。
代理店を通したほうが、ぐーっと安くなることがあるからだ。
(一か月何人くらい送る、とかいう契約があるのかな?)

今回の宿は3つ星じゃないから、代理店さんではお取り扱いなし。
なので自分でやりまする。



(ホ)「予約金として1泊分をこの口座に振り込んでね。そしたらバウチャーをメールで送るから」
(私)「念のため、こちらのデータをメールで送るね」
(ホ)「了解♪」



こちらの名前と希望日などをメールで送る。
今日は振り込めないから、来週になるよって一言添えて。



翌週。
振り込む前に、公衆電話からもう一度電話してみた。
(ホ)「セニョリータからのメールは、ちゃんと来てますよ」



だったら受け取ったってメール、送ってこいよな。まったく。



銀行へ行って、予約金を振り込む。
しかし何が困るって、
ペルーの銀行の振込システム(窓口)は、
振り込んだ人のデータが何も反映されないことだ。

相手の口座番号さえわかれば、窓口でお金を渡して、はい、終わり。
でも振込人の名前や身分証明書の番号などは、一切入力しない。
自分の口座を開いてみても、いつ、いくらお金が振り込まれたかはわかるけど、
それが誰からの入金なのかは、皆目わからない。
だから振り込んだ控えは、とっても大切。
それがなきゃ、自分が振り込んだという証明ができないのだ。



ま、ついさっき電話で「今から振り込む」って話したし、大丈夫でしょ。
と、日本人的発想をしてしまった私。
家に帰ってから、振込終了とバウチャーを送るようにというメールをホテルに送ったが、
その時、振込した控えを写真で添付しなかった。



数日後。連絡なし。



まったくもー!メール送ってこいよ!
「この前メール送ったkeikoだけど、バウチャー送ってよ」
と、催促メールを送る。



また数日後。まだ連絡なし。



おーい!金払ったんだから、バウチャー送ってこいよー!
「この前メール送ったkeikoだけど、バウチャー送ってよ」
と、同じメールを再送する。



またまた数日後。まだまだ連絡なし。



おーい!おーい!
お前、ロンプラでも「親切ないいホテル」って書いてあるだろー!
返事ぐらいしろよ、はよ、バウチャー送ってこいよ。
控えを添付してないから、返事してこないのか?
だったら「控えを送れ」って書けよなっ



この前送ったアドレスだけじゃ、信用ならん。
ネットで検索したら、このホテルの他のメールアドレスが3つ出てきたので、
控えを写真に撮って添付して、全部のアドレスに一斉同報してやった。
「なーんでバウチャー送ってこないのー?」
もう、むっちゃ直接的なメールである。



でもって… 数日後。
やっと送られてきたメールには、こんなことが書いてあった。



「セニョリータのバウチャーは、ホテルに到着したら渡します。」



それ、バウチャーとちゃうやん(苦笑)


予約確認と宿泊の保証として、事前に渡されるのがバウチャーでしょ?
ホテルに到着してからもらっても、それってただの紙じゃない?
ちゅうか、ホテルに到着して
「バウチャーをお持ちでないお客様は、宿泊できません」
って言われたらどーすんの?
WEBサイトにも「前金を受け取ったら、バウチャーを送ります」
って、書いてあるじゃーん!



まったくもう、ペルー!
言ってること、書いてること、やってること、全部違うじゃなーい!
うきーっ!




こっちも振込の控えとやり取りしたメールをプリンとして持っていくし、
こういうホテルが金を騙し取るとか、そんなことはまずないからいいんだけどさ。



でもね、どれか一つくらい、ちゃんとやってよ。
一つでいいからさ。ねっ?(笑)





web拍手 by FC2

笑って終われば、すべてよし

2009年10月28日
本日の教訓 : 「レシートは3回確認しましょう」
          「最後まで決して諦めずに頑張りましょう」
          「終わったら、にっこり笑いましょう」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日、友達お涼ちゃんと、買い物に行った。



提携クレジットカードで買うと、牛肉が25%オフ!
その上割引チケットもあって、さらに牛肉が20%オフ!
なんとなんと、合わせて牛肉45%オフ~~~!!!
主婦なら当然行かねばなるまい。
今日は肉だ♪ 今日は肉だ♪ ああ、なんて幸せなのかしら♪



レジでのお支払いは、お涼ちゃんにお任せする。
彼女のカードじゃないと買えないからね。
よろしくお願いしますよ。

レジのお姉ちゃんに、この割引のことをちゃんと説明したお涼ちゃん。
なんでも事前に確認しないとダメなのが、ペルー暮らしである。



・・・チーンッ
合計 105ソル。
請求 75ソル。




あれ? なんで?



じっとレシートを見るお涼ちゃん。



でも30%オフくらいにはなってるし、まあいっか…
一瞬、2人して諦めようかと思った
特に私は彼女のカードでついでに買ってもらってる身なので、
30%オフでもありがたいくらいである。



再びじーっとレシートを見るお涼ちゃん。



やっぱりおかしいとサービスカウンターに行った。
カウンターには、お客様のクレームを処理する係りのお姉ちゃんがいる。
お涼ちゃんから説明を聞き、じーっとレシートを見るお姉ちゃん。
でもペルー人は計算が弱いから、じーっとみてもわからない。



君たちの店のレシートなんだけどねぇ。
君たちの店がやってる割引サービスなんだけどねぇ。



(店)「牛肉以外には割引は効かないのよ」 
はいはい、牛肉しか買ってないでしょ?

(店)「割引の効かない牛肉もあるのよ」 
ないない、牛肉全部が対象って書いてあるでしょ?

店側が自分たちのサービスを把握していないのも、ペルーなのである。



電卓を使って一生懸命説明するお涼ちゃん。
自分でも電卓を打ってみて、余計わからなくなるお姉ちゃん。



結局、分かったのかどうか分からないまま彼女はレジへ行って、
「はいっ♪ 返金するわ♪」
「7ソルちょい」という微妙な金額を返金してくれた。



まだ足りないんですけど(涙)



でもここまで来るのに、すでに結構時間が掛っていた。
それにあれこれいっても、彼女たちには分からないだろう。
たぶんレジの大元の設定が間違っているんだ。
レジのお姉ちゃんは、「私はちゃんと打ったわよ」って思ってるし、
カウンターのお姉ちゃんは、「レシートにこう出てるんだからそうでしょ」って感じだし、
自分たちが悪いとは、絶対思っていない。



まあ、いっか。と、一旦は2人して店の外にでた。
でもやっぱりおかしい!
またまた引き返す。



カウンターでは「あ、またあの2人、帰ってきた」って顔されたが、そんなことはどうでもいい。
三度目もじーーーっとレシートを見て、やっぱり間違ってると確信したお涼子ちゃん。
もう一度さっきのお姉ちゃんにもう一度説明して、ようやくお金が返ってきた。



えらいっ!ありがとう!
やっぱりペルーは、諦めちゃダメね!



(涼)「ペルーってさー どんなに店側が間違っていても、
   『はい、よかったわね~! あたなのお金、返ってきたわよ~』
   って、ニコニコしながらすごーく普通にお金を返してくるじゃない?
   『私は悪くないけどさー、でもあなた、頑張ってよかったじゃない?』
   みたいな。
   ああいう後を引かないところが、ペルーっていいなーって思うんだよね。




お涼ちゃん。私はあなたのその度量の広さが一番すごいと思うわ(笑)



今夜のメニューを考えながら、頼れる友を持ったことに感謝するのであります
   





web拍手 by FC2
 | HOME | Next »